自动词和他动词区别的重要性

在学习日语的初期,开始学习动词时,一般不大注意动词的自他性。当学习到相当多的动词后,文法中才开始强调动词的自他性。但这时已经学了不少动词,重新认识其自他性就显得相当困难。因此,完全有必要在学习日语的初期,在开始学习动词时,学习一个动词就同时记住其自他性,对后来的学习帮助非常大。
      
      下面说明动词的自他性在文法中的不同作用。
      1、 构成不同含义的句型。
            自動詞:窓が開いた。          窗户开着。     (自动词和主语相连)
            他動詞:私は窓を開けた。  我把窗户打开。 (他动词和宾语相连)
      2、 构成不同的被动句。
            自動詞:友達に来られて宿題ができなかった。
                                友達が来て楽しく遊んだ。
                       (自动词的被动式表示受到损失而主动句没有此义)
            他動詞:学生が先生に褒められた。
                                先生が学生を褒めた。
                       (他动词的被动式与损失与否无关 )
      3、 构成不同的使役句。
            自動詞:母は妹を町に行かせた。
                                妹は町に行った。
                       (自动词的使役态使动作主体变成宾语)
            他動詞:先生は学生に本を読ませた。
                                学生は本を読んだ。
                       (他动词的使役态使动作主体变成补语)
      4、 构成存续体。
            自動詞:(不能构成てある形式)
            他動詞:黒板に字が書いてある。
      5、 自动词+ている与他动词+てある的区别。
            自動詞: 窓が開いている。
            他動詞: 窓が開けてある。
                       (翻译时都译成“窗户开着”。但自动词句子只说明现象,而他动词的句子说
                        明有人目的地打开着。)

阅读更多
想对作者说点什么?

博主推荐

换一批

没有更多推荐了,返回首页